カーテンサイズの採寸方法


カーテンをご注文される際、サイズを正確に採寸することが一番重要なポイントです。
長すぎると裾を引きずってしまったり、短すぎると光が漏れてしまったり…

お客様の窓にぴったりなカーテンをお作りするために、
以下の4つのステップにそってサイズを測ってみましょう!


STEP

カーテンの種類が違っても、採寸の流れは同じです!


●現在取付けているカーテンのサイズは測らないでください
●正しく採寸するため、定規ではなくメジャーをご使用ください
●採寸サイズを基に注文サイズを自動計算できます!→新しいウィンドウを開く


カーテン採寸専用メジャーのご用意がございます。
ご請求は↓こちら↓


STEP1 幅を測る

レールの両端に固定されているリングランナーを基準に、端から端までの長さを測ります。
レールには大きく分けて下記の2種類がありますが、どちらも基本的な測り方は同じです。

レール

■1.5倍ヒダをご注文の場合
1.5
■フラットをご注文の場合
フラット

幅100cm以上のカーテンをご注文の場合、生地に継ぎ目が入ります。
カーテンの仕様や柄、色によっては継ぎ目が目立つ恐れや、 遮光生地であってもミシン目の隙間から多少の光が漏れる可能性がございます。
継ぎ目の位置はご指定いただけません。
あらかじめご了承くださいませ。

STEP2 丈を測る

窓の種類によって、丈の測り方が異なります。

STEP3  開き方を決める

当店では開き方にかかわらず、【カーテン1枚当たりのサイズ】にてご注文を承っております。

STEP4 フックを決める

カーテンフックにはAフック(天井付)タイプとBフック(正面付)タイプの2種類がございます。
レールの種類などにより、おすすめのフックタイプが変わります。
下記の画像をご覧いただき、お好きなフックタイプをご選択ください。

●Aフックはカーテンのウェーブがより美しく見えます。
●当店ではAフック・Bフックともにアジャスター付のものを使用していますので、丈の長さは多少調整が可能です。

どちらのフックタイプをご選択いただきましても、カーテンのご注文サイズは変わりません。
カーテンの総長ではなく、必ずお測りいただきました【ランナー下部からの長さ】にてご注文ください。